お知らせ
ショッピングカートを見る
商品検索

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
ショップ紹介
谷崎 聖子

手芸研究家。

ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、99年以降ずっと通いつづける。

トランシルヴァニアのセーケイ地方で結婚、08年からこの地で生活をしています。

*詳しくは、トップページ森の彼方−トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

rss atom
ホーム 革の雑貨 刺繍つき本革ショルダーバッグ(チューリップとバラ)
刺繍つき本革ショルダーバッグ(チューリップとバラ)


アーラパタク村に伝わる編みクロスステッチと、

トランシルヴァニアの革職人とのコラボレーションバッグ。

本革を額縁仕立てにした、シンプルなトートバッグが赤い刺繍を引き立たせます。

チューリップとバラの花束が刺繍してあります。

82歳のピロシュカおばあさんが手がけました。

革職人がアンティークの足踏みミシンで丁寧に縫った品。

ひとつひとつの工程がすべて手作業です。

内側にマグネットボタンが付いています。

肩にかけられる長さです。


縦26.5cm 横24.5cm

紐の長さ 108cm

*レターパックもしくは佐川急便での発送となります。


アーラパタク村は100年前のパリ万博で注目を浴び、

それ以降も女性たちの手によって技術や豊富なモチーフが伝えられてきました。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

アーラパタク、女性の手の技

アーラパタクのクロスステッチ展示会
・ 型番
LM2−0819
・ 販売価格

13,000円(内税)

・ 在庫数
Sold Out