お知らせ
ショッピングカートを見る
商品検索

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
ショップ紹介
谷崎 聖子

手芸研究家。

ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、99年以降ずっと通いつづける。

トランシルヴァニアのセーケイ地方で結婚、08年からこの地で生活をしています。

*詳しくは、トップページ森の彼方−トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

rss atom
ホーム 手芸の本 手芸の本 刺繍詩集 「黒けもの」
刺繍詩集 「黒けもの」


イーラーショシュの刺繍糸で紡がれた、
不思議な動物たちのお話。
貝戸哲弥さんの独特の詩のセンスと刺繍の技がひとつになった刺繍絵本。
トランシルヴァニアの伝統刺繍から生まれた創作の世界を
心ゆくまでお楽しみください。


「黒けものの物語は
馬に跨がった男が落馬してから始まる。
落ちたのは光が射すことのない
暗くて何も見えない世界。
男は何かの気配を感じる度に君は誰かと問いかける。
しかし皆一様に「私は黒けもの」と答える。
名前なんて誰かが勝手に決めたもの。
ここではそんなものは必要ない。
光が射さなければ色もない。
黒けものに問いかける男も黒けものなのだ。

一本の黒い糸を刺して黒けものは生まれた。
刺繍をほどくと黒けものはただの糸になる。
ほどいた糸からもまた黒けものが生まれる。
糸さえあれば黒けものはどんな姿にもなる。

伝統刺繍の合間に息抜きで作り続けていた
黒けものはいつしか仕事場を埋め尽くした。
その黒い瞳は何かを訴えかけてくるようで
黒けものの心の声に耳を傾けて詩を綴ると
思いがけず不可思議な刺繍詩集が生まれた。」


刺繍詩集「黒けもの」 \1500(税込)

40p・B5(182mm×257mm)

*レターパックライト(360円)でお送りいたします。
・ 型番
HBS1−0508
・ 販売価格

1,500円(内税)

・ 購入数