お知らせ
ショッピングカートを見る
商品検索

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
ショップ紹介
谷崎 聖子

手芸研究家。

ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、99年以降ずっと通いつづける。

トランシルヴァニアのセーケイ地方で結婚、08年からこの地で生活をしています。

*詳しくは、トップページ森の彼方−トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

rss atom
トランシルヴァニアの二月は、

長い長い冬の終わりを締めくくるファルシャング(謝肉祭)の季節。

仮装した若者たちが歌ったり、踊ったり、

ご馳走を食べ飲んで大騒ぎをする。

そんな賑やかさとともに、今年初めての更新をお届けします。




今回入荷したのは、ルーマニア製クロスステッチ柄リボン。

こちらはガーゼのような生成りのコットン生地に、

赤と黒のフォークロア調幾何学模様がぴったり調和しています。






白く輝く化繊素材に、カラフルな星模様のクロスステッチ柄リボン。

グリーンと赤、ブルーと赤からお選びいただけます。

小物作りや洋服、ラッピング等、幅広くお使いいただけます。





クチュリエでもおなじみ、ビーズ刺繍のボクレータ。

75歳のエルジおばさんの手がける、どこかレトロで華やかな刺繍作品。





85歳のカティおばあちゃんの刺繍は、

やわらかな手触りにどこかユーモラスで、愛らしいデザインが刺繍されています。

どちらがお好きですか?



水玉もようの赤と白いきのこが刺繍されたタペストリー。

キッチンに飾れば、トランシルヴァニアのおばあちゃんのお部屋のようです。





赤と紺の二色で綴られる、ハートと赤い鳥、星の花の円形テーブルセンター。

さまざまなステッチを駆使して、

トランシルヴァニアの伝統図案が現代風にアレンジされています。





赤いバラの立体的な織りと、繊細なドロンワーク、

マクラメフリンジが豪華なロングクロス。

中央に飾りプレートをおいて壁に飾ると、トランシルヴァニア風インテリアになります。




まっさらなコットン手織り布に、

黒い大きな幾何学模様がシャープで美しいロングクロス。

「鹿の角」と呼ばれる伝統モチーフは、トランシルヴァニアのさまざまな地域で見られます。

手編みのレースも添えてあります。



冬の終わりを彩る、あたたかな手仕事で

新しい季節を迎えませんか?

 

*次回の更新の日時は未定です。

メールマガジンにて、更新をお知らせしていますので、

どうぞこの機会にご登録をお願いいたします。

会員登録